つばめさぼう 白磁 泡瓶
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

つばめさぼう 白磁 泡瓶

¥2,950 税込

送料についてはこちら

  • つばめ 紺

  • つばめ 黒

    SOLD OUT

泡瓶(ほうひん) は、急須と同じく、茶を淹れる器です。注ぎ口が三角形で、持ち手がないことが特徴です。 主に、玉露を淹れるときに使用し、「宝瓶」「方瓶」などと書くこともあります。 玉露などは旨みを効率よく抽出するために、あらかじめ湯さましを用いて温度を60℃程度まで下げたお湯を用います。低い温度で淹れる玉露は、茶器が熱くならないため、持ち手を必要としない宝瓶が生まれました。比較的、歴史の新しい茶器です。 蓋に小さなつばめがいます。バリエーションから紺か黒を選択してください。 使用方法 急須の中に茶葉を入れ、茶葉に合う適度な温度でお湯を入れ、蓋を閉めしばらく蒸らせてから注ぎます。 参考温度:玉露:40-70℃ 煎茶:70-80℃